カテゴリ:Arabなコト( 6 )

The time is NOW!!!



王妃のプレゼン素晴らしい!
どうして日本は、こういう大事な舞台できちんと皇室が出て来てこういう事をしないのか。
でもどちらにしても、日本の皇室にこうは出来ないと思う。
Sheikha Mozahの存在感、パフォーマンスに乾杯!
最後のとどめのこのプレゼンで、2022World cupはQatarに決まったようなものだと思う。

彼女が作ったオーケストラで働くことを、あらためて誇りに感じています。
[PR]

by riko-dania | 2010-12-05 18:15 | Arabなコト

作品第1号!!!

a0130070_115231.jpg


Arabicのことわざに日本語訳をつけて、お花も自作。
額に入れたら様になるかな???
[PR]

by riko-dania | 2010-11-02 01:15 | Arabなコト

作品制作中。

a0130070_4265284.jpg


割と詰めて通っているカリグラフィー。早くもポートレートを製作してみない?と先生の言葉にのせられ制作開始!この写真の字はまぎれも無く私の書体です!どんな風に仕上がるかな。
[PR]

by riko-dania | 2010-10-19 04:27 | Arabなコト

趣味。

a0130070_18312617.jpg


夏休み後こちらに戻ってきてから、もっと積極的に色んな事に向かわないとだめだなと思い、色々積極的に取り組むチャレンジをしています。

その一環で、Arabic Calligraphyを始めてみました。
写真は赤字が先生のお手本。青字が私の練習筆跡です!
左に少し映っている棒がArabic Calligraphyのペン。枝の先をそぎ落としたようなペンで、
これを上手に使うのが難しい!しかもアラビア語は右から左へ書くので、ペンを押しながら書く感覚がとっても難しい。
ツルツルの紙の上に書く感覚はとっても癒されて、程よい集中が気持ちいい。

仕事から気持ちを切り替えるのにちょうど良くて結構嵌っています。
もっと色んな種類が書けるようになりたい!
また写真Upしていきたいと思います。
[PR]

by riko-dania | 2010-10-03 18:51 | Arabなコト

Abaaya

毎月あっちこっちする生活がしばらく続いていました。
先日Parisから戻ってきて、

「あ〜ここが私のオウチ!」

と思った自分に笑ってしまいました。

さて、すっかりDohaっ子になった私ですが、前から欲しかったAbaaya熱が再加熱してどうしても欲しくなったので、あっちこっち気に入ったデザインを探しまわって自分のお気に入りをついに購入しました。

More...
[PR]

by riko-dania | 2010-05-23 03:32 | Arabなコト

アラブ的結婚観

最近ちょっときっかけがあって、アラブ人の結婚観について色々読んでいたら、「結婚てなんだ??」と三十路目前独女の私の結婚願望がスス〜〜〜っと引いてしまった。

「アラブ」と一纏めに言ってもここ中東からアフリカまで色々ある。
私が一番付き合いがあるのはエジプト人、モロッコ人などアフリカ大陸。彼らとの会話から少しは知識はあったけど、色々な所自分で読んで情報を得てみて、私が生まれ育った日本人の今の感覚とは全く違うなと。もちろん宗教的な背景が凄く大きいと思うけれど、それによって結婚が人生を送ってく上での一つの「手段」という考え方も強いということを改めて感じました。(もちろん人によって考え方はマチマチですが、私が感じた事です!)

宗教上、「付き合う」という行為が出来ないため、出会えばすぐ婚約、結婚という道を辿ることが多い彼ら。そして親類のプッシュも凄い為、若くして結婚してみたものの上手く行かず離婚となってしまうというケースが多い。そして私が「手段」と表現したのは、アラブ人達の、外国への、そして外国パスポートへの憧れの強さ。私達日本人にはなかなか理解しにくいですが、どこへ旅行に行くにもビザが必要な彼ら、そしてimmigrationでいつも長時間質問攻め、どこでも「テロリスト」のレッテルを貼られてしまう彼らの自国パスポートに対する理不尽さはとてつもなく大きなストレスとなって一生彼らに付きまとう問題です。それゆえに、外国人との結婚願望が凄く強い。

うまく表現できませんが私が感じるのは、今の自分の状況から判断して、「結婚」という手段が自分の人生に取って必要なことならば、それを選ぶ。住む場所の問題、ビザ、お金etc...
「好きだから、愛しているから結婚する」というのはもちろんですが、私達日本人はその部分が結婚を決断するにあたって絶対的な感じがしますが、彼らにはそれよりも、自分の現在の状況に必要な手段か、そうじゃないかという考え方が強いように感じます。それを偽装結婚と言うとまた違うし、それも一つの捉え方なのかな。

長く外国で暮らしていて色んな人種の男性と知り合いますが、もし自分が結婚するとなると、何を基準に考えたらいいのだろう?と最近凄く考えます。
私の場合は日本人男性と知り合う事は皆無なので、相手は99%違う国の人。
生まれ育った国も文化も宗教も言葉も違う。でも一人の人間が偶然出会って、好きになる。
でも「結婚」となると、将来、年を取ってからどこで暮らすべきか、どちらの国がいいのか。
宗教はどうなる?改宗する気持ちがあるのか。
お金持ちがいいのか、それとも今食べて行けるお金があればあとはなんとかなると思えるのか。

どうやって、この人と一生一緒にいよう!と決断できるのか、今の私には全くわかりません。
その時が来たらわかるのだろうか。。。。
[PR]

by riko-dania | 2010-04-25 04:16 | Arabなコト